HOME > PMP(R)講座 
 

Project Management Professional (PMP)(R) は米国ペンシルバニアに本拠地を置くNPO法人プロジェクトマネジメント協会(PMI)が認定する資格です。

2008年初現在、日本国内で約23,000人が認定されています。認定を受けるためには受験する必要がありますが、受験のための条件の一つとして、経験および35時間のプロジェクトマネジメント研修を受講していることが必要です。<詳細は、PMI東京支部(PMIT)のホームページ「資格情報」に掲載されております。>

PMアソシエイツ(株)では、受験に必要な履修内容(品質、スコープ、タイム、コスト、人的資源、コミュニケーション、リスク、調達、統合マネジメントの知識エリア)を含んだプロジェクト・マネジャー養成講座(基礎編)14時間+PMP(R)試験対策講座21時間の講座をご用意しております。











PMI本部(PMI URL : http://www.pmi.org/info/default.asp (英文)

PMI東京支部(PMIT) URL : http://www.pmi-tokyo.org/index.html (邦文)



 

1. プロジェクト・マネジャー養成講座(基礎編)
   2日間(14PDUあるいは14時間受講証明発行)

 

PMBOK(R)に沿って、ケーススタディのグループ討議をはさみながら
  プロジェクトマネジメントの基礎を学びます。
事前準備としてPMBOK(R)を読んでおく事が必要です。
公開講座あるいはご希望によりオンサイト講座もお受けいたします。

 
 

2. プロジェクト・マネジャー養成講座【応用編】
  2日間(14PDUあるいは14時間受講証明書発行)

 

小説・映画「八甲田山」を題材にリーダーシップのあり方を学びます。
公開講座、あるいはご希望によりオンサイト講座もお受けいたします。

 

3. PMP(R)受験対策講座
  3日間(21PDUあるいは21時間受講証明書発行)

PMBOK(R)に沿って、演習問題を中心に試験対策を行います。
事前に養成講座の受講をされることをお勧めいたします。
公開講座、あるいはご希望によりオンサイト講座もお受けいたします。

 
 

4. プロジェクトマネジメント計画書作成講座
  2日間(14PDUあるいは14時間受講証明書発行)

 

PMBOK(R)とシステム開発事例に沿って、プロジェクトマネジメント計画書を作成します。
事前に養成講座の受講をされることをお勧めいたします。
公開講座、あるいはご希望によりオンサイト講座もお受けいたします。

 





(c)2006 PM Associates Corporation. All Rights Reserved.